朝日新聞に掲載!

12月22日、朝日新聞に「子宮頸がん予防啓発プロジェクト」

の記事が掲載されました!

 

 

 

 

 

担当女性記者さんは、熱心な方で、ていねいに何度も取材していただきました。
ありがとうございます!

 

 

Sfmは、「困っているママがいたら、笑顔になれる方法をみんなで考え、行動する」という思いに
共感する全国のママとその支援者で構成されるゆるやかなネットワークなので、いわゆるピラミッド型
の組織ではありません。

 

 

Sfmでは、参加する一人ひとりが、物事を主体的に感じ、考え、行動し、得た経験を他のママや社会に
シェアしていく活動をしてお
り、言わば「全員が主役」です。

 

 

そんな団体があまりない中、記事を書く方にとってはなかなか表現が難しい組織(笑)のようなのですが、
今回は活動概要に始まり、
「ママたちのアイデアから誕生した“ママ友検診”を推進していく」「ママが
企画に参画した小冊子を全国のママたちが自分の置ける場所に
配り始めている」など、ママを真ん中に
した活動体として、Sfm
が大切にしていることを重点的に取り上げていただきました。

 

 

Sfmは、社団法人になって7か月、震災後の団体発足からでもまだ1年8カ月という、まだまだ歴史の
浅い団体ですが、ママの持つ可能性と、日々全力で未来を
育んでいる彼女たちを応援したいと
思ってくださる周りの皆さんの
お力添えにより、たくさんのママに、存在を知っていただき、
知恵と経験をシェアし、笑顔にして
いけることが本当に嬉しく、心よりありがたく思っております。

 

 

参加するママたち、関係者一人ひとりが、Sfmの活動を通じて自分の夢やビジョンを叶え、
他の大勢のママたちや社会に新しい価値
を提供し、子どもたちが育つ未来に希望の灯を
燈していけるよう、
被災地のママ支援で学ばせていただいた「微力は無力ではない」を
信じて頑張ります。

 

 

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!